これならわかる!白髪染めのタイプ別メリット・デメリット

これならわかる!白髪染めのタイプ別メリット・デメリット

「白髪てどんなカラー剤で染まるの?」、「カラー剤は何がいいの?」

白髪染めをしようと思ったとき、こんな風に思うのでは?

白髪を染めるヘアカラー剤にはいろいろなタイプのものがあり、仕上がりも違います。

各ヘアカラー剤とも『出来ること・出来ないこと』があります。

ここでは、一般的に美容室で使われているものや、多く市販されているへカラー剤について紹介していきます。

 

 

白髪染めは、化学染料と植物性染料の2種類に分類されます。

市販で販売されている多くは化学染料の白髪染めです。

美容室でも白髪染めをするお客様に、この化学染料に分類される白髪染めでヘアカラーすることが多いかと思います。

 

 

化学染料の白髪染めの種類

1、酸化染毛剤

一般的にも『白髪染め、おしゃれ染め』と呼ばれているヘアカラー剤です。

美容室で髪を明るくしたり、暗くしたりと色を変える時に多く使われています。

【長所】

  • 明るくも暗くも出来る
  • 色持ちが良い
  • 色の種類が多い
  • 根元から染めることが出来る(地肌についても大丈夫)

 

【短所】

  • 髪にダメージが伴う(カラー剤によりダメージ度合も違う)
  • 人によって刺激を感じる
  • ごく稀にアレルギー反応がでることもある

 

【詳細】

脱色作用があるので「黒髪は明るく、白髪には色を入れる」という事を同時にできるヘアカラー剤。
美容室でのヘアカラー施術の多くがこの染料を用いてる。
毛髪内部で発色するため色持ちもよく、白髪染めで幅広い色味を表現できる。
髪の状態や施術工程によっては、ダメージが目立つこともあるので、知識と技術力が必要となる。

 

 

2、酸性染料

ヘアマニキュアと呼ばれるヘアカラー剤。

【長所】

  • 髪のダメージがない
  • ハリ・コシ・ツヤが出る
  • UV効果がある

 

【短所】

  • 明るく染めることが出来ない
  • 根元から染めることが出来ない
  • 地肌に付くと落ちにくい
  • 色持ちが悪い
  • 白髪は色味が出るが、黒髪には色味が出て見えない
  • 次のカラーチェンジがしづらくなる

 

【詳細】

脱色作用がないので、髪にダメージはないが明るくすることが出来ない。
毛髪内部に染料は入らず、コーティングするように染まるので、シャンプーする度に色落ちしていきやすい。
地肌に付くと落とすのが困難なので、どうしても根元ギリギリの部分は白髪のまま残ってしまう。
重ねれば重ねるほど染料が定着して色落ちしにくくなるが、次のカラーチェンジが難しくなるので注意が必要。

 

 

3、塩基性染料、HC染料

カラーリンスやカラートリートメントと呼ばれる。

【長所】

  • 髪へのダメージがない
  • トリートメント効果もある
  • 普段のシャンプー時に手軽に染めれる
  • 地肌についても落ちやすい

 

【短所】

  • 明るく染めることが出来ない
  • 色持ちが悪い
  • 白髪は色味が出るが、黒髪には色味が出て見えない
  • 1度では染まりづらい

 

【詳細】

市販でも多くのメーカーから販売されるようになったカラートリートメント。
トリートメントをする感覚で手軽に染めれて、経済的と言われている。
脱色作用はないため、髪にダメージはないが明るくすることが出来ない。
毛髪内部に染料は入らず、コーティングするように染まるので、シャンプーする度に色落ちしていく。
なので、個人差もあるが3~4日に1回は、使っていないとキレイな状態を保つのは難しい。

 

 

4、ヘアカラースプレー、ヘアマスカラ

【長所】

  • 髪へのダメージがない
  • 一時的に染めることが出来る
  • シャンプーで簡単に落とせる

 

【短所】

  • 汗や雨などで色落ちしてくることがある

 

【詳細】

お出かけ前などに手軽に白髪を隠せる。
一時的なものなので脱色作用などはなく、ただ髪表面に色をのせるだけになる。

 

 

 

植物性染料の白髪染めの種類

1、天然染料

ヘナカラーやハーブカラーと呼ばれるもの。

【長所】

  • 髪へのダメージがない
  • 重ねるたびに定着して色落ちしにくい
  • トリートメント効果もある

 

【短所】

  • 明るくすることは難しい
  • アレルギー反応が出ることもある
  • 匂いが残りやすい
  • 色味が限定される
  • 次のカラーチェンジがしづらくなる

 

【詳細】

脱色作用はほとんどなく、髪を明るくすることは難しいがダメージはない。
毛髪内部のタンパク成分などに色素が定着するので、重ねていくことで色がしっかりと定着する。
次回、化学染料などでカラーチェンジしようとしても、色ムラが出やすく希望の色にするのはとても難しい。
化学染料が混ざっているものもあるので、すべてが100%植物性染料というわけでもなく、化学染料にアレルギーがある人は使用時は注意が必要。

 

 

まとめ

どのヘアカラー剤にも『出来ること・出来ないこと』があり、メリット・デメリットもある。
まずは『自分の希望は何なのか?』
その中での優先順位は、
・仕上がりなのか?
・ダメージがないことなのか?
・一時的なカラーなのか?(面接の為など)
などなど、いろんなことを考えて使用するヘアカラー剤を選択しないと、後々厄介なことにもなり兼ねないです。
一番良いのは、自分の白髪の生え方や量、髪の状態や髪質などを理解してくれる美容室で、希望の仕上がりを伝えて相談するのが間違いないです。
ホームカラー後のサロンでのヘアカラーは、必ずしもキレイになるとは限りません。
ホームカラーは確かに経済的ではあるかと思います。(最近はドラッグストアでも売れ行きが悪いと聞きますが。。)
それでも、美容室で白髪染めをすることのメリットの方が大きいと思います。

 

 

自分の髪の状態や髪質、今までの髪の施術履歴などを理解した上で、
市販のヘアカラー剤の中から希望の色に仕上がるモノを選択し、
ヘアカラー剤を塗布する工程を考えて、
素早くムラなくヘアカラー剤を塗っていくことができるでしょうか?

『白髪を染めてキレイなヘアスタイルを保つ』

頭皮ケアやダメージケアがセットになった人気の白髪染めセットメニュー

 

 

15'03/14|カテゴリ:白髪染めのこと

白髪染めとヘアケアでオススメのセットメニュー

CATEGORY

  • ARCHIVES

  • 人気の白髪染めセットメニュー

    h.SHIPでは、「白髪をキレイに染める」「白髪予防のための頭皮ケア」「キレイな髪をキープする」などをコンセプトに、白髪カラーと各種ケアメニューをセットにすることで、白髪で悩むお客様の幅広いご要望にお応えできるようにしています。

    h.SHIPおすすめのスタイリスト

    白髪染めというのはファッションカラーとは違った難しさがあり、白髪と白髪染めの深い知識と技術力が必要になります。
    h.SHIPでは常に新しい白髪染めのカラー剤やテクニックを研究し、現場でお客様のスタイルをよりキレイに出来るよう努力しています。
    ヘアケアマイスターでおすすめのスタイリストが、お客様の髪の悩みに親身に向き合います。

    白髪染めBLOG

    【白髪染め】もっとキレイに若々しく見えるために大事なこと

    東京都内で白髪染めがオススメの美容院h.SHIPです。 白髪もある年代なのに若く見える 白髪染めしている...

    【雑誌掲載情報】『白髪生えはじめの方向け企画』で白髪隠しの評価をしました

    女性誌『LDK』にて白髪隠しのコンシーラーなどの製品評価を依頼されたので、白髪で悩むお客様へ向けてお知らせです。 以下...

    白髪染め専門店に行かれたお客様の話

    東京六本木にある美容室h.SHIPは、白髪染めの施術しかしない『白髪染め専門店』ではありません。カットやパーマ、トリート...