なぜ白髪染めをすると赤っぽくなるのか

→【大切なお知らせ】コロナウィルス感染症予防対策について

白髪染めをご希望のお客様によく言われるのが「赤っぽくなるのがイヤ」ということ。
白髪染めをすると赤味を強く感じることから、こういったご希望が多くなるのかと思います。

白髪染めは赤みが出やすい

下記画像は、ナチュラルブラウンで少し明るめに白髪染めした状態です。

ちょっとわかりづらいですが、ブラウンでも赤っぽく染まっています。
では、なぜ白髪染めは赤っぽくなりやすいのかというと、
白髪をしっかり染めようとすると赤味が出やすいからなのです。

白髪染めカラー剤に含まれる染料に理由がある

少し難しい話になるかもしれませんが、
白髪を染めるためのカラー剤(白髪染め)にはブラウン染料が多く入っています。
黒髪を染めるためのファッションカラー剤(おしゃれ染め)にはブラウン染料は少なく、色味が多く入っています。

本来、ほとんどの日本人の髪には赤いメラニン色素が詰まっています。この赤味のメラニン色素が髪を黒色にしています。
対して白髪はというと、メラニン色素を持たない無色の髪です。

【白髪をしっかり染める=黒髪に近づける】という前提条件のもと、白髪染めカラー剤の染料は構成されていることが多いです。

白髪を染めるために黒髪に近い色味の染料が必要ということ。
黒髪に近い色素とは赤味を持った色素。
そのため、通常白髪染めカラー剤には赤味を持ったブラウン染料が多く含まれていることが多いのです。

このように白髪染めカラー剤の性質上、白髪染めをすると赤っぽい仕上がりになりやすいのです。
とはいえ、赤く染まるわけではなく自然な赤味を感じる仕上がりと言えます。


神奈川県の町田・相模大野・海老名・伊勢原エリアで白髪染めがおすすめの美容院をお探しの方は、こちらの伊勢原の特別な美容室see.L(シードットエル)もご利用ください。

19'01/31|カテゴリ:白髪染めに関するまとめ

白髪染めとヘアケアでオススメのセットメニュー

CATEGORY

  • ARCHIVES

  • 人気の白髪染めセットメニュー

    h.SHIPでは、「白髪をキレイに染める」「白髪予防のための頭皮ケア」「キレイな髪をキープする」などをコンセプトに、白髪カラーと各種ケアメニューをセットにすることで、白髪で悩むお客様の幅広いご要望にお応えできるようにしています。

    h.SHIPおすすめのスタイリスト

    白髪染めというのはファッションカラーとは違った難しさがあり、白髪と白髪染めの深い知識と技術力が必要になります。
    h.SHIPでは常に新しい白髪染めのカラー剤やテクニックを研究し、現場でお客様のスタイルをよりキレイに出来るよう努力しています。
    ヘアケアマイスターでおすすめのスタイリストが、お客様の髪の悩みに親身に向き合います。

    白髪染めBLOG

    【白髪染め】もっとキレイに若々しく見えるために大事なこと

    東京都内で白髪染めがオススメの美容院h.SHIPです。 白髪もある年代なのに若く見える 白髪染めしている...

    【雑誌掲載情報】『白髪生えはじめの方向け企画』で白髪隠しの評価をしました

    女性誌『LDK』にて白髪隠しのコンシーラーなどの製品評価を依頼されたので、白髪で悩むお客様へ向けてお知らせです。 以下...

    白髪染め専門店に行かれたお客様の話

    東京六本木にある美容室h.SHIPは、白髪染めの施術しかしない『白髪染め専門店』ではありません。カットやパーマ、トリート...