うまくいかない!?暗い白髪染めからの明るい白髪染め。

うまくいかない!?暗い白髪染めからの明るい白髪染め。

→【大切なお知らせ】コロナウィルス感染症予防対策について

『地毛の黒色』ではなく、『黒く(暗く)染めている』白髪(黒髪も同様)を明るくカラーチェンジするのは難しく、1度のカラーリングで必ずうまくいくことは、「本当に稀」です。
「白髪が出てきて黒く染めた」
「白髪は暗くしかできないと思って、ずっと暗めの色で染めてる」
「前回は、気分的に暗い色に落ち着かせてみた」

白髪が気になりだして、白髪染めをしている方の中には、上記のような方もいるかと思います。
でも時には、

「白髪あるけど黒は嫌だな~」
「白髪染めでも明るく出来ないかな」
「やっぱり明るくしたい!」

などと、思うこともあるかと思います。
暗めの白髪染め(ヘアカラー)を『している・したことがある』状態から、明るめの仕上がりに変えるときはいろいろと注意が必要です。

暗い白髪染めは「色持ちがいい」けど明るくなりづらい。

白髪染めは暗い色ほどカラー剤に含まれる染料の割合も多く、一度染めれば1、2ヶ月で色落ちしてくるということはまずありません(例外もありますが)。むしろ、中々色落ちせずにキープできます。
それゆえに、暗く染まっている白髪(黒髪も)を明るく染めるのは、大変難しく思うように仕上がりません。

暗い白髪染めをしている髪を明るく染めるときは、色ムラが出やすい。

まず、普通に明るめのトーンのカラー剤で染めても明るくなりません。
ブリーチや脱染剤などを使えば暗く染まっている染料を抜いて、徐々に明るくしていくことは出来ます。
ただ、どうしても色ムラが出やすく、赤味が強く出てきやすいです。

明るくしていくにはダメージも出やすいので注意が必要です。
こちらの【明るい白髪染めを実現するには、ダメージは避けれない!?】も参考にしてください

なぜ色ムラが出てくるのか?

髪に定着している白髪染めの染料も少しずつですが褪色していきます。
褪色の仕方も髪の表面、内側、毛先、根本付近など、場所によって色落ちの度合いが変わってきます。
明るく染めようと脱色剤で色を明るくしていくと、染料がしっかり定着しているところ、そうでないところが色ムラとなってでてきます。

なぜ赤味が出てくるのか?

日本人の髪はもともと赤味の強い色素をもっています。
暗めの白髪染めの染料には、白髪をしっかりと染めるために赤味のあるブラウンが含まれています。
これを脱色して明るくしていくと、どうしても地毛の持つ赤味や染料の赤味が出てきてしまうのです。

白髪染めで暗く黒っぽく染まっている髪が明るくなりづらいことは間違いありません。しかし、絶対にできないわけではありません。

こちらで明るくする方法が詳しく紹介されています。
『暗い白髪染めで黒っぽくなった髪を明るくする3つの方法と無理のない提案』

キレイに明るく白髪染めするなら、美容室で相談するべき

暗めの白髪染め(特に地毛に近い暗めの色)で『染めたことがある・染めている』方が明るくするときは、必ず美容室で下記のことを伝えるようにしましょう。

  • この色は地毛ではなく暗めに染めている
  • 暗めの白髪染めをしている
  • 暗めのヘアカラーを繰り返してきたのか
  • 最後にヘアカラーしたのはいつか
  • どんなヘアカラー剤で染めたのか
  • 縮毛矯正やパーマをしているか

など、とにかく今ままでの髪の施術履歴をわかる範囲内で詳しく伝えることが大切です。
美容師側が毛髪診断でわかることも多いですが、伝えた方が確実です。
こちらの【これならわかる!白髪染めのタイプ別メリット・デメリット】や【白髪染めホームカラーの繰り返しは、キレイに染まらくて当然。】も参考にしてください。

行きつけの美容室であれば、お客様の施術履歴はきちんと把握しているはずです。
希望の仕上がりを伝えたうえで、よく相談するのがいいですね。

白髪染めがセットになった人気No1メニューは、
『カット+白髪カラー+トリートメント(ホームケア付)』
炭酸ヘッドスパコースも人気ですが、最近(2015年10月現在)は、季節的に乾燥してきたせいかトリートメントのご利用が多いです。

15'03/19|カテゴリ:白髪染めのこと

白髪染めとヘアケアでオススメのセットメニュー

CATEGORY

  • ARCHIVES

  • 人気の白髪染めセットメニュー

    h.SHIPでは、「白髪をキレイに染める」「白髪予防のための頭皮ケア」「キレイな髪をキープする」などをコンセプトに、白髪カラーと各種ケアメニューをセットにすることで、白髪で悩むお客様の幅広いご要望にお応えできるようにしています。

    h.SHIPおすすめのスタイリスト

    白髪染めというのはファッションカラーとは違った難しさがあり、白髪と白髪染めの深い知識と技術力が必要になります。
    h.SHIPでは常に新しい白髪染めのカラー剤やテクニックを研究し、現場でお客様のスタイルをよりキレイに出来るよう努力しています。
    ヘアケアマイスターでおすすめのスタイリストが、お客様の髪の悩みに親身に向き合います。

    白髪染めBLOG

    【白髪染め】もっとキレイに若々しく見えるために大事なこと

    東京都内で白髪染めがオススメの美容院h.SHIPです。 白髪もある年代なのに若く見える 白髪染めしている...

    【雑誌掲載情報】『白髪生えはじめの方向け企画』で白髪隠しの評価をしました

    女性誌『LDK』にて白髪隠しのコンシーラーなどの製品評価を依頼されたので、白髪で悩むお客様へ向けてお知らせです。 以下...

    白髪染め専門店に行かれたお客様の話

    東京六本木にある美容室h.SHIPは、白髪染めの施術しかしない『白髪染め専門店』ではありません。カットやパーマ、トリート...